シュミレーションから店舗経営を学ぶ『すぎなみ「名店」創業セミナー vol.4』 開催レポート

6月6日(水)は、
『すぎなみ「名店」創業セミナー』の第3回目でした。

前回はプロの不動産会社から、
物件選びのコツを、
具体的事例を踏まえつつ解説をいただきました。

 

それを受けて、
「継続して利益を出すには?」

 

ということで、
『数字を意識した』
事業計画の基本と店舗シュミレーションの講義でした。

 

「この物件だったらどんな商売で、いくらで何を売って、人は何人使って・・・」

といった具体的なシュミレーションを、
ペアになって協議、発表しました。

 

各々がやりたいお店はあるけれど、

「この広さじゃ回転しないお店は難しいよね?」

「ボックス席を活かすにはどんな業態がいいかな?」

「地下のお店だから定食よりお酒の方が・・・。」

 

など、客数や客単価を想定して実際に1日どれだけ売上を見込めるか、
月商はいくらになるか、
しかも、家賃や人件費、原価、その他経費を差し引いた上で・・・。
かなり皆さん真剣に話し合いを進めていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして斬新なアイデアの発表もあった後、
創業アドバイザーからの講評。
プロの目から見て何が足りないかを学んだ様子で、
短時間の中で経営感覚を養うことができたようです。

 

既に創業を考えている人の参加ということもあり、
皆、真剣に課題に取り組んでいる姿が印象的で、
密度の高い3時間となりました。

次回は、

「開業準備」から「店舗運営」について。
資金調達の方法から販促、メニュー作りについて学んでいきます。