杉並区商連ニュースが発行されました

CBすぎなみプラスでは、杉並区商店街連合会が毎年発行している

『商連ニュース』の制作をご支援させて頂きました。

杉並区商連ニュースの発行

内容は、
杉並区商店コンクール受賞店
商店会連合会主催の賀詞交歓会
杉並区長、杉商連会長の挨拶
店舗取材記事
その他杉並区の情報について掲載しています。

 

今回取材をさせていただいた2つの店舗は、地域に密着して事業をされていました。
近隣の小学校や地域活動にも積極的に関わっており、
商品を売るだけでない顔の見える関係が築かれていました。

商連ニュース2019

 

杉並区商店コンクールの審査結果

杉並区では年に1度、区内に約140ある商店街(商店会)の中から、地域に密着し商店街と共に活動をしている事業者に対してコンクール表彰を行っています。今年も杉並区商店会連合会、区役所、杉並中小企業診断士会の審査員による各賞の表彰が行われました。新たに杉並区で創業した者、長年、杉並区内で事業を続けている者など、12の事業者が表彰されました。

杉並区長賞 高円寺おやなぎ歯科(一般歯科、訪問歯科)

杉並区議会長賞 Soil(イタリアンレストラン)

東京商工会議所杉並支部会長賞 PATISSERIE DE L’ABEILLE(はちみつ・フランス菓子専門店)

杉商連会長賞 いづも仙(煎餅販売店)

優秀賞 ちょいバル GREAT SCOTT!(洋風居酒屋)

    株式会社 ノグチ不動産(不動産業)

    焼肉ゴールド(焼き肉店)

優良賞 妙法寺名物 揚げまんじゅう 手打ちそば 清水屋(和菓子・そば店)

    串焼処 田介(焼鳥店)

    信濃(そば・うどん店)

    らーめん なないろ(ラーメン店)

    KOKOPLUS(カフェ・コミュニティスペース)

 

審査基準は下記の通り。

店舗構成
レイアウト、バックヤード、レジ回り
証明、色彩、POP、空間演出
メニュー構成、商品陳列
接客、サービス
商店街への貢献、取り組み

 

「お店は不思議なもので、一歩店内に入っただけで、何も聴かなくてもお店の方の思いをその場所自体が雄弁に語っています。」と、審査員を代表して講評が述べられました。(CBすぎなみプラス、中小企業診断士:阿部恭子)

 

商店街の店並びは年々様相を変えていますが、それでも変わらず愛され続ける店舗には、また来たいと思わせる居心地の良さがあるように思えました。