集客に強いサイトづくり③分析ツールの導入(Googleアナリティクス)

ビジネス用のサイトは開設したけれど、果たして本当に活用できている人はどのくらいいるのでしょう?

サイトを開設した後、
「どんな人が」
「どんな経路から」
「どのくらいの数」
サイトに訪問しているかが気になります。

それを数字やグラフで見ることができるのが、Google社が無料で提供している Googleアナリティクス というサイト分析ツールです。

 

弊社でもこれを導入しました。
この Googleアナリティクス をマスターすれば、サイト運用における解析は十分と云えるでしょう。

 

今回はまず、

 

①設定⇒②分析⇒③改善

 

というステップの、①設定 についてお伝えいたします。

  

Googleアカウントの登録

まず初めに、ご自身のGoogleアカウントGmailアドレス)を用意します。

https://accounts.google.com/signup

 

Googleには便利なツールが多いので、これを機に取得しておくことをお奨めいたします。既に取得済みの方はへお進みください。

 

 

Googleアナリティクスのアカウント取得

 

 

ページ右上か左下の「無料で利用する」をクリックします。
次ページで「登録」ボタンを押し、
「アカウント名」、解析したい「ウェブサイト名」「URL」を記入します。

https://marketingplatform.google.com/about/analytics/

 

サイトのデータを数値化するために・・・(コードの設置)

サイトに「どんな人が」「どんな経路から」「どのくらいの数」訪れたのかを知るためには、GoogleアナリティクスのIDごとに割り振られる「トラッキングコード」というものをサイトの全ページに書き込み、リンクさせなければなりません。このコードの埋め込み作業はとても難しいので、弊社ではランサーズで経験のある人に仕事として発注しました。

お仕事の相場としては、10,000円 前後といわれていますが、サイトのページ数が多いと作業工数が増えるので金額は一概には言えません。
よきWEBデザイナーやエンジニアに巡り合えることを願います。

 

上記がWordpress上でコードが書き込まれた状態です。

 

数時間~1日後にはアナリティクスにログインすると数値が表示されるはずです。まずはどんなものか触って試してみてください。

見るべきポイント、効果的な使い方については、次回お伝えいたします。

 

アクセス解析ツール使用の公表義務

このGoogleアナリティクスを使用する際には、必ずプライバシーポリシーの表記を記載する必要があります。

2018年5月25日から義務化されましたので、まだの方はサイトのプライバシーポリシーページに必ず下記のような事項を記載するようにしましょう!