あなたの「たまり場」は営利型?非営利型? 大人塾高円寺コース2018~その2

「すぎなみ大人塾高円寺コース2018」もっと“高円人” 第2回目。

~まちの「たまり場」をデザインする

今回は、2つの事例紹介。

新高円寺駅徒歩1分の「たまり場」『イココチ』の蔵下さんのお話と、

本コースの学習支援者・川上さんが経営する『大人の秘密基地アルコイリス』。

 

 

BOOK CAFÉ DINER『イココチ』(東高円寺)の特徴は、

ブック&ギャラリーカフェという形態で、

個々の飲食やパーティーはもちろん、各種イベントのスペース利用が主です。

 

 

ちょっとした誕生日会や読書会、上映会のようなイベント利用。

壁面を絵画や写真を掲示して観覧できたり、

ギャラリーBOXでの作家さんの小物販売等のギャラリー利用。

多種多様な使い方ができるカフェとのこと。

古本の販売もしているそうです。

 

 

『大人の秘密基地アルコイリス』(和光市)は、

落ち着いた雰囲気のスペイン風バル&市民活動の店。

 

2つの側面をもった「たまり場」が特徴で、

お酒を含めた飲食やパーティーを目的とした営利型のスペースとしての使い方と、

市民活動情報、各種イベント・講座として使う非営利型の2つ。

イベント利用した人には「アルコイリスポイント」なる地域通貨が発行されるなど、営利、非営利の2種の形態が絶妙に織り成しています。

 

 

2つの事例を通しての学びは、

  • ハードよりもソフトが大切だということ(公民館型ではない)
  • たまり場を作るのは利用者(ここでは飲食をするお客さんとイベントを催す運営者の2種類)
  • SNSをうまく活用している

※いろんな人がいる、ごちゃ混ぜ感が、よりよい「たまり場」を創り上げる。継続できる。

 

非営利型のコミュニティ・カフェの類は、客単価が低く経営が難しいという声が多く聴かれます。

川上さんの「たまり場」は、その辺りを上手く切り分けてNPOとしても、飲食業としてもうまく経営しているように思え、たいへん勉強になりました。

 

 

我々NPO法人『CBすぎなみプラス』は、これまで非営利型の団体やNPO等の「運営アドバイス」や区の受託事業の「運営」が主体でした。

今後は、創業サポート事業で行っているような「店舗」や「たまり場」の「経営アドバイス」にも力を入れていきたいと思っています。