福祉施設の事業継続計画(BCP)策定のポイントを学ぶ

 地震などの災害等の緊急事態が発生した時に施設等事業所の損害を最小限に抑え、事業サービスの継続や復旧を図るため、予め策定する計画を、事業継続計画(BCP:Business Continuity Plan)といいます。
 
 首都直下地震が想定される状況で、利用者の命を預かる福祉施設はBCPの策定が求められています。しかし、策定する人手がないという理由もありますが、策定に必要なスキル・ノウハウがないという理由で策定していないという実態調査結果もあります。
 
 今回、震災に対応する高齢者福祉施設のBCP策定を例にとり、BCP策定の具体的な内容について学んでいただきます。福祉施設以外の事業で、BCPを策定しようと考えている方においても参考になる内容となっています。
 
 
【開催日】平成30年10月18日(木)13:30~15:00
 
【場 所】すぎなみ協働プラザ 交流コーナー (阿佐谷地域区民センター4F)
(東京都杉並区阿佐谷南1-47-17 :JR中央線「阿佐ヶ谷駅」南口徒歩2分)
 
【内 容】
1.BCPと防災計画の違い
2.BCPの一般的策定の流れ
3.実践的&簡易なBCPとは
4.チャートとチェックリストで作るBCPの提案
5.BCPの具体的策定手順
 
【講 師】中目昭男(中小企業診断士・社会福祉士)
(NPO法人CBすぎなみプラス)
 
【受講料】テキスト及びレジュメ資料代 2,500円
(テキストを持参し参加する方は、レジュメ資料代500円)
 
(使用テキスト)
「チャートとチェックリストで作る高齢者福祉BCP(事業継続計画)マニュアル策定ガイド」中目昭男著 三恵社 2000円(税別)
 
 
【対 象】福祉施設の運営に関係する職員でBCP策定に関心のある方・事業所のBCP策定や防災マニュアル等作成に関心のある方
 
【定 員】10名 (先着)
 
【お申込み&問合せ】
NPO法人CBすぎなみプラス
  E-Mail: info@cb-sugiplu.org
  メール件名「福祉施設のBCP策定のポイントへ参加希望」とし、
      (1)お名前
      (2)ご連絡先
      (3)テキストを持参する方はその旨
      を記入してお申し込みをしてください。
 
【申込〆切】平成30年10月14日(日)
※申込者が定員をオーバーした場合には連絡を差し上げます。