ごあいさつ of CBすぎなみプラス

人と地域を元気にする<コミュニティビジネス>を、もっと広げたい。

杉並を中心に、人を、地域を元気にする、「コミュニティビジネス」のために

NPO法人CBすぎなみプラス
代表理事 味香興郎  

ajika-daihyou.JPGこの度、当法人の代表理事に就任しました‘味香’(あじか)と申します。
昭和47年に上京して杉並に住まい、40年近く経ちました。杉並は第2の故郷です。杉並をこよなく愛する区民の一人です。
杉並区では平成14年に「杉並区NPO・ボランティア活動及び協働の推進に関する条例」を制定、その施策の一環として 「すぎなみ協働プラザ」(当時は「すぎなみNPO支援センター」として発足)を設け、区内にある300を越えるNPO団体の活躍をサポートしております。
当法人はそのセンターの運営・管理を受託しております。皆様と一緒に杉並区の活性化のお役に立ちたいと念願しております。
少子化が進む中、「子育て」支援の輪の広がりとともに、区民の高齢化が進展し、独居老人が増加、「買物難民」
という言葉が聞かれるようになっています。 こうした社会情勢の変化を受けて、各方面より、行政、町内会、商店街、
NPO、社会福祉団体、産業団体などが 横の連絡を取り、「新しい公共」の概念のもと、新しい動きをすべきだとの意
見を聞くようになりました。

微力ではありますが、杉並区の活性化のお手伝いに尽力致す覚悟で御座います。
どうか宜しくお願い申し上げます。



新しいCBすぎなみプラスに期待します!

NPO法人     
コミュニティビジネスサポートセンター
代表理事 永沢映   

スクリーンショット(2012-06-30 16.29.53).png「CBすぎなみプラス」は、杉並区からの委託で当法人が企画、運営した「2007年度コミュニティビジネス起業セミナー」の受講者有志から生まれた団体です。
また、2008年度には、当法人が経済産業省と共に進めております「コミュニティビジネスアドバンス事業(地域中間支援サポート事業)の中で、「杉並区を拠点とした地域中間支援組織」として、 その機能強化のお手伝いをさせていただいております。
「CBすぎなみプラス」には、地域に欠かせない各分野の専門家が揃っており、すでに、地域に愛され、頼られるコミュニティビジネスの中間支援としての活動しております。 今後とも、地域の皆さまのご理解とご支援をお願いいたします。



杉並区の地域活性化につながる「コミュニティビジネス」の広がり。

NPO法人     
スクール・アドバイス・ ネットワーク
代表 生重幸恵    

スクリーンショット(2012-06-30 16.38.23).png「CBすぎなみプラス」には、当法人が発行する公教育のPRのためのフリーペーパー「なみすく」の広告コーディネートや 編集面の協力をいただいています。教育をはじめとする地域活動の充実に、コミュニティビジネスの感覚を生かすことで、私たちの活動を理解し、 支援してくださる企画とのつながりができたことに感謝しています。
このだびの法人化で、杉並区の地域活性化につながる「コミュニティビジネス」の広がりに弾みがつくことでしょう。