創業期における借入のメリット、デメリット

【創業期に借入を行うメリット】

「借入」「借金」というと、必ず悪いイメージがあって、返せなくなって、、、

というような話をどこかで聞いたことがあります。

一方で「無借金経営」イコール「事業が順調に行っている」

という証として話題になることも多くあります。

 

もちろん、借入をしないことでリスクやコストを下げるという選択肢があるのは事実ですが、

特に創業期には 以下の理由で借入を戦略的に行っておくということの検討お勧めしています。

 

【メリット1】自己資金が小さくても借り入れを行いやすい(創業支援型の融資有)

創業融資の代表格である政策金融公庫の新創業融資制度の場合ですと、自己資金要件は必要額の1/10となっています。

これは1,000万円事業に必要な場合、100万円自己資金を持っていてください。という意味です。

必ず1/10まで借りれる訳では決してありませんが、

自己資金が小さくても創業期の場合事情を理解されやすいということが挙げられます。

さらに、金利が優遇されていることや、

経営サポートが付く等創業期ならではの特典が付く融資制度も多くあります。

【メリット2】事業計画作成時に自分の整理と第三者視点からのチェックが可能

2つ目のメリットが事業計画を作成するということです。

事業計画を何となく作られる方は多いのですが、

きちんと第三者(銀行)の視点で確認してもらえるレベルでの計画を立てるということには、

1)事業の方向性を確認すること

2)事業運営後にどの程度計画とかい離していたかを図る指標ができる

という点で多くの意義があります。

 

 

【メリット3】事業スピードが上がる

3つ目のメリットは事業モデルによって大きく異なります。

店舗を構える事業の場合には借入が避けられないことも多くありますし、

物販等の場合は次の仕入の資金を回収を待たずに行えることもあります。

また、事業モデルによっては、代金回収が仕入支払よりも遅くなるため、

事業が発展すればするほど資金需要が増加するものもあります。

 

【メリット4】資金的な面から作業的・心理的負担が下がる

4つ目が資金的な余裕があるメリットです。

代金回収から数日後に支払を行わなければいけないという場合には、

その代金回収の確認・督促、さらに回収後すぐに支払の手続きを行わなければいけない

という作業的な負担も毎月となると大きなものになります。

ここから一定程度解放されるというのも大きなメリットです。

 

【メリット5】返済実績を積むことで次回以降の資金調達のハードルが下がる

最後のメリットが銀行との取引、いわゆる与信に関してのものです。

クレジットカードの作成でも良く聞く話ですが、

いわゆるクレジットヒストリーという返済の実績を積んでいくことで、

次回以降の借入の審査、手間、金利等が下がる可能性があります。

 

その他にも、銀行との取引きにより、顧客紹介が受けれらるかもしれないという理由や、

借り入れを行うことによりある程度覚悟を決める、等の視点で借入を行われる方もいらっしゃいます。

 

 

【創業期に借入を行うデメリット】

一方で、以下のように借入を行うことで心理的な負担、コスト的な負担があることも事実です。

また、本当に多忙な場合手続きを進められないという方もいらっしゃいます。

【デメリット1】借入金の返済の心理的な負担がある

【デメリット2】利息の支払いによるコスト負担がある

【デメリット3】実績に乏しいので事業計画作成、借入交渉のための事務手続き、時間が取られる

 

 

【最後に・・・】

必ず借り入れをしなければ事業ができないということはありませんので、

ご自身のビジネスが資金需要のあるものなのか、

将来的に借入をする必要が出てくるのか等ご検討されて決定頂くことが良いと思います。