Google広告の始め方

特に創業間もない時期、商品やサービスは、顧客に知ってもらうことが難しいものです。そんな時に「広告を活用する」ことができれば、事業の立ち上げが早まることができるかもしれません。今回は、その初歩を簡単にご案内したいと思います。

種類

1)手軽に始めるなら AdWords Express。 15分で広告が作成できます。

2)しっかりと広告予算の管理までしていきたいなら Google広告(旧Google AdWords)。

詳細は以下ご参照ください。

AdWords ExpressGoogle広告の違い

Expressは、機能制限や表示内容に制限があるので、今回は「gogle adwords」をメインに説明したと思います。

 

用意するもの

1)ビジネスアカウント用メールアドレス

gmailのアドレスです。個人のものでも良いですが可能なら会社のドメインを取得して、会社用のアドレスを作りましょう。

2)ビジネス用ウェブサイト

いわゆる会社サイトです。自社のドメインがあったほうが継続的な効果が高まるのでお勧めです。

はじめかた

1)google広告のページを表示

google広告公式

準備した2つの情報を入力!

2)広告を作成

広告の単位を「キャンペーン」と呼びます。キャンペーンの下の単位が「グループ」です。キャンペーンもグループも数の制限はありませんし、まずは作ってみることが大事です。主な入力項目は以下の通りです。

①予算(一日当たり)

②ターゲット

③入札単価

④広告本文

このあたりで「?」が増えてきますが、分かる所から1つずつ考えてみてください。

予算の設定はいつでも変更できますので、1か月の想定予算の範囲内で少し多めの額にしておく方が最初は表示されやすいです。(予算を超えそうになったら広告を停止する)

広告の内容

1)広告文の設定

広告内容は、①見出しと②説明文 に分かれており、見出しは30文字×3、説明文は80文字まで設定することができます。

 

 

正直、とても簡単!とまではいきませんが、少しづつ良いものができてくると信じて、「仮」で良いので作ってみることが大事です。

次回は、実際に「リスティング広告」の出稿の様子をお知らせしたいと思います。